忍者ブログ
desmo official blog
[2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

落語vs.相撲!
ギター片手に相撲甚句を吠えまくる西新宿のマイトガイ北脇貴士さんと、真打・桂平治師匠による相撲噺の革新コラボイベントが5/19(火)19時、深川江戸資料館 小劇場で行われます。

「桂平治・北脇貴士の大相撲甚句と相撲噺の会」
http://kitawaki-takashi.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/post-59c8.html

後援にはFM西東京(公開録音)に加えて、北越カニカマ産業の雄「スギヨ」も。今年最大の映画『蟹工船』でも撮影に使われたという、世界のカニカマシェア1000%を握るスギヨのこと、舞台から大量のカニカマがばらまかれること必至です。

イラストレーター界のマーカス・ミラー、メソポ田宮文明さんの命令でチラシの版下作りを手伝わせていただきました。



【メモ】
・李 芳子『六月の閃光』(審美社,2001)
PR
イラストレーター・こやまけんいちさんの個展を見にいきました。

私はロリではありませんが、ここに描かれた少女達はみな可愛く、せつなく、可笑しみさえあります。少女というのは時に狡く、残酷で、憎たらしい。絵の中の彼女たちもまた、刃物を持ち、不安と猜疑だらけの眼で他人を傷つけ、妬み、陥れようとしています。

でも当然その結果、自分をも傷つけてしまう。病んでしまう。なんと愚かな。まあ、でも、そこがかわいらしいところなのでしょう。

こやまさんは立体作品にも取り組まれています。パースの狂った世界観を立体物にすることで、空間はさらに目眩を起こしそうなくらい不思議に歪むのです。これだけでも一見の価値ありではないでしょうか。

こやまけんいち個展
『少女の胸を綴じる鍵』
12月15日(月)〜12月27日(土)
銀座ヴァニラ画廊
住所 〒104-0061 東京都中央区銀座6-10-10 第2蒲田ビル4階
TEL&FAX 03-5568-1233
http://www.vanilla-gallery.com/gallery/koyama_k/koyama_k.html
新宿へ『Xファイル 真実を求めて』を観にいきました。
テレビシリーズ終了から年ぶりだそうですが、低予算で、ストーリーも地味、まったく力の入っていない映画です。キャストも老け倒してます。
しかし…スカリー(ジリアン・アンダーソン)は美しい。年をとってくたびれてきた感じが、FBIを辞め、勤め先での分も悪く、子供も取られ(なぜ?)、変人とも当然一緒に暮らせぬ不遇を醸しちゃって醸しちゃって。
映画って感じじゃないですが、TVシリーズを上下2話分まとめて観た程度の充実感あり。なにより、低予算をごまかすためのCG・特殊効果がほぼなしというのが良い。

エンドロールは最後まで観た甲斐がありました。サンキュー赤毛。
【COCO パブリシティー情報】
・月刊「high fashion」(文化出版局)12月号
・季刊「真夜中」(リトルモア)early winter号
・『ELLE girl』(アシェット婦人画報社)11月12日発売

加えて、児童書翻訳交流サイト「やまねこ翻訳クラブ」で書評。
http://www.yamaneko.org/
右も左も分からないまま首つっこんだ絵本の世界ですが、このサイトはたいへん参考になります。原書もチェックされているようなので、身の引き締まる思い。
これは「情報」ではなく「書評」です。
【メモ】
・ジョン・クラカワー『荒野へ』(集英社文庫, 2007)


忍者ブログ [PR]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[10/30 堂園晴彦]
[03/31 NONAME]
最新TB
プロフィール
HN:
後田泰輔
HP:
性別:
男性
自己紹介:
desmo主宰者
バーコード
ブログ内検索
FX NEWS

-外国為替-
お天気情報
アクセス解析