忍者ブログ
desmo official blog
[39] [38] [37] [36] [35] [34]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私たち夫婦には子どもがいない。
晩婚でもあるし、そんなもんなのだ。

そんな私が男の立場で、いままで身近の人から受けたことがある、子どもにまつわる発言を3つ紹介しよう。

1)「後田クン、子どもはいつか持った方がいいよ。なんというか、優しさが分かるようになる」
2)ある親戚筋の言葉。ある女性の吐いたキツい言葉を評して「あの人は子どもがいないからああのなのよ」
3)「お子さんはいらっしゃるんですか?」と聞かれたので、「いない」と答えた私に対して。「いや、でも、最近はいろんな方法があるんですよ。検査とかしてもらったらどうですか」

どれもごく親しいこの3人に共通するのは、誰も私に悪意をむけて言ったことではないことだ(1は私の不徳ゆえかもだがw)。でもどうしてそんなドギツイことを言うか考えてみると、「子供を作らない」人の背景には「子供を作れない」事情もある、という単純なことに人はなかなか気付かないものだ、ということになる。

しかし、男である自分の前でならまだしも、もしカミさんの前でそんな発言を聞いたらそいつらを殴りつけるかもしれない。

塩村文夏都議に向けられたヤジ問題に、もしそういう視点が少しでもあれば、話はさほど複雑ではないと思う。

朝日新聞デジタル【女性都議へヤジ、抗議1千件 自民、発言者特定せぬ意向】


たとえば、もし塩村都議が60歳だったらこのヤジは起こっただろうか。もちろんそれは起こらない。なぜならそれは、たとえば手足のない人に「お前は障害者なんだから東京オリンピックへの発言権なんてない」と言うのと同じく明らかに相手の人権を侵害するからだ。ところが、塩村都議に向けられたヤジを舛添知事以下、ニヤニヤして誰もとがめないのはなぜ? それはひょっとして、都議が「恋のから騒ぎ」なんかに出ていた、健康なくせに遊んでいたせいで年頃になっても結婚しない自分勝手な女性、くらいの見立てがあるからではないのか?

あの場に居合わせた都知事や都議たちは、ヤジが出た時点で与野党問わず「馬鹿なヤジをとばすな、恥を知れ」と言わなければならなかった。ところが、いまだ問題の焦点は定まらないまま犯人捜しに終始しようとしているばかりか、残念ながらヤジを受けた当人でさえ事の本質に少し疎いようで困る。


「生徒が教室の前に出て、発表している場面を思い浮かべてください。そこで、クラスから生徒の人格を否定するような発言があり、みんなが同調して笑っている。そんな状況は、まさに『いじめ』の構図ではないでしょうか。私も指摘されて気づいたのですが・・・」弁護士ドットコム【議会のセクハラヤジは「学校のいじめと同じ」塩村文夏都議が語った「悲しい気持ち」】


塩村都議には、どうして自分が悲しい思いになったのかを、ぜひ自分の言葉で語ってほしい。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[10/30 堂園晴彦]
[03/31 NONAME]
最新TB
プロフィール
HN:
後田泰輔
HP:
性別:
男性
自己紹介:
desmo主宰者
バーコード
ブログ内検索
FX NEWS

-外国為替-
お天気情報
アクセス解析